沖縄ツーリングに行こう

  1. TOP
  2. 沖縄ツーリングに行こう
  3. 沖縄のツーリングで気をつけよう

沖縄のツーリングで気をつけよう

バイクの急な追い越し、すり抜け

二車線以上ある道路の真ん中(車と車の間)や両サイドからものすごいスピードで追い抜きをするライダーがいます。
反対車線にはみ出して追い抜きをするライダーも、本土に比べて多いので注意が必要です。

方向指示器を出さない?!

方向指示器を出さないドライバーが多いです。急に車線変更してきてぶつかりそうになったこともあります。良く見ていると徐々に入りたい斜線へ寄っていく前兆を見かけます。右左折するときもウインカーを出さないドライバーがいます。
あと、2車線以上ある道路の直線右折兼用車線で信号待ちのとき、先頭車両が信号が青になった直後に右折ウィンカーを出す人がいます。後方車両は立ち往生です。

沖縄でのツーリング注意点

また、330号線などで多く見かけるように感じますが、対向2車線の道路での右折待ちがよく発生します。
ウィンカーを出すタイミングが遅いドライバーが多いので、車間距離は十分あけておきましょうね。

合流注意

普段、沖縄で運転して一番危ないと思う事は合流地点です。
優先車線を走行中、合流地点でゆっくりと合流してきたり、方向指示器なしで強引に入ってきたり。一時停止を守らずにスルスルと入ってこようとする車が多くてヒヤっとします。
こちらが優先でも、相手は停まらないと思っておいたほうがいいですよ。

車の流れは遅いことが多いです。

沖縄で運転すると車の流れが遅く思う人も少なくはないはず。田舎へ行けば行くほどさらに遅い車と遭遇します。

オジイやオバアも現役ドライバーですからね!

イライラせずにゆっくり走りましょう。

沖縄の道路状況

よそ見運転

沖縄はきれいな海を見ながらツーリングできるため、ついついよそ見をしがち。しかも見知らぬ土地の運転は非常に危険です。
「アレッ?この道を右かな、左かな?」と気をとられてヒヤッとならないように、少しでも迷ったら停まって地図で確認しましょう。


[PR]

沖縄 レンタルバイク