よくある質問

  1. TOP
  2. よくある質問

よくある質問

レンタルバイクについてのよくある疑問質問を、Q&A形式でまとめました。

情報は一般的なお店についてですので、実際とは食い違っている場合がありますので、お店に直接確認してくださいね。

免許がなくても乗れるバイクはありませんか?

残念ながら、50cc以上のバイクに乗るためには、二輪免許が必要ですが、50ccクラスの原付や、トライク、バギーなどのミニカー登録のバイクは乗ることができます。
特に、トライクやバギーはヘルメットも不要で、普通免許で乗ることができて人気です。

法律上は免許取得したての初心者でも乗ることができますが、レンタルの場合は保険の約款などで取得からの年数が限定される場合がありますので、事前に確認してみてくださいね。

荷物を預かってもらえますか?

基本的には預かってもらえるはずですが、無用のトラブルを避けるために貴重品などはホテルのフロントや金庫に預けるなどしましょう。
また、ショップによっては断られる場合もありますので、事前に確認しておいたほうが良いですね。

本人以外が運転しても良いでしょうか?

原則借り主のみが運転することになっています。
ただし、貸し出し手続き時に別の運転予定者を申告して手続きを行えば運転可能な場合があります。
これは、保険適用の関係ですので、申告なしに他の方が運転して事故を起こしてしまった場合は、保険適用外になる場合がありますので十分に注意してください。

返却時間に間に合わない時はどうなりますか?

時間に間に合わないからといって、無理して飛ばして戻ろうとすると、とっても危険です。
お店に電話をして相談したほうが良いですね。
丸一日レンタルしていて、営業時間を過ぎてしまう場合は、必ず連絡しましょう。
良心的なショップなら、翌日朝返却すればOKという場合もあります。

バイクを乗り捨てたいのですが?

県内のレンタルバイクショップで、乗り捨てができるところは恐らく無いでしょう。
基本的に1店舗での営業のところが多いので、乗り捨てる場所が無いんですね。
無理なく時間に余裕のあるプランを立てておきましょう。

このページの先頭へ

ヘルメットは持参したほうが良いですか?

ヘルメットやグローブはレンタルすることができます。いろいろなサイズを取り揃えているショップがありますので、店頭でフィッティングしましょう。
どうしても、自分のヘルメットが良い場合は持ち込みになりますが、飛行機での運搬は大変ですね。

どんな服装で行けばいいですか?

原則として、長袖長ズボンです。
特にスクーターなどで短パン・ビーチサンダルで乗っている人を見かけますが、非常に危険なのでやめましょう。
また、沖縄は冬場でも紫外線が強いので、半そでで乗っていると日焼けしてしまって大変です。
メッシュ素材など、走っていれば涼しいライダーウェアもありますので、この機会にご用意してはどうでしょうか?

沖縄の道は滑りやすいと聞きましたが本当ですか?

沖縄のアスファルトは、本土に比べて滑りやすいのは確かです。
うっすら白いので珊瑚の粉を混ぜているというウワサもありますよ。
雨の降り始めは得に滑るので、急ブレーキなどしないような安全な車間距離を心がけましょう。

バスレーンってなんですか?

モノレール以外に鉄道が無い沖縄、特に那覇市周辺は朝夕の通勤ラッシュがすごいです。
そこで、車線の多い幹線道路で実施されているのがバスレーンという、バス専用の車線です。
原付は走行可能ですが、二輪車全般がOKというわけでもないので、標識に注目しましょう。
観光客でも、知らず知らずに違反してしまって、罰金!なんてこともあるようです。

移動手段はバイクだけでも大丈夫でしょうか?

沖縄本島は、意外と南北に長い島です。
観光地も点在しているので、観光メインであればレンタカーを借りたほうが良いでしょう。
メインの移動手段というよりは、ツーリングをレジャーとして楽しんだほうが良いですね。
那覇市内の移動は、常に渋滞している場所も多いので、原付があると便利です。活用してみてください!

このページの先頭へ


[PR]

沖縄 レンタルバイク